Loading...

#4

子供の私が、ここにいる。それが届いたのだと思った。今までとは違う涙が、次から次へと、溢れた。「泣いてもいいんだよ」また遠くから、聞こえた様な気がした。

You might also like

No Comments

Leave a Reply